2016年02月15日 21:01

平気で他人を傷つける人







難解なパズルのような心的虐待であるモラル・ハラスメントの概念を僕が知ったのは2007年頃。山里センチメンツを立ち上げ豊田市わくわく事業を活用して旭交流館に熊本市から講師を招き講演会を開いたのは2013年。

今では難しく捉えずに、シンプルなアプローチでパズルを解こうと促すこうした書籍も発売されるようになった。真のモラハラ対策には使えないけれど、セクハラやパワハラが世の中に広く知られたときのような流れを作るのには役立つはず。
( ´ ▽ ` )ノ


*僕らが展開しているプロジェクトのブログはこちら↓。
最近更新していないけれど、近々書きますね!



http://blog.goo.ne.jp/a-mh-project/e/82a1630e7b5e2a4c70f767b244cd8e4b

http://amhproject.exblog.jp/20966128/

http://blogs.yahoo.co.jp/anti_moral_harassment_project/11559233.html

http://s.ameblo.jp/a-mh-project/entry-11982003594.html

http://antimoralharassmentproject.boo-log.com



























































  

Posted by hyakuyobako

2016年02月10日 20:47

声なき声




日本におけるこども同士の心的な虐待・人権蹂躙の原因のほとんどが周りの"大人にある"こと、つまり"大人たちの都合で作り上げた身勝手な世界にある"ことを僕ら大人たちが目を背けずにしっかり認めて、あらためる必要がある。

こどもたちはそれを既に充分知っていて、声なき声をあげているのだから。(−_−;)































































  

Posted by hyakuyobako

2016年02月08日 20:41

いま考えていること。





"僕が思うに、まず一部の教員による子どもたちへのモラル・ハラスメントを防止することが急務です。
仕事の現場でそういうシーンを見てしまうことが近年とても増えて驚愕しています。
またそういう経験を子ども時代にした大学生がゼミ合宿などで高原(僕の職場)にやってきますが、彼らの心が折れているのがわずかな時間のやりとりでも伝わってきます。
本当に痛々しいです。
体罰は防ぎやすいが心的虐待は防ぎにくく、加害者的行為をする側に自覚がない場合が多いです。
(もちろんそのためには先生同士のモラハラも防止せねばなりません。)
ここでオルヴェウスのいじめ防止プログラムにおける学校で働く大人から子どもへのいじめをいじめの定義に入れるセンスが必要になります。
それは決して大胆なセンスではなく、子どもの権利条約をベースに物事を考えたら当然獲得すべきセンスですが、残念ながら僕が住む豊田市を含めた日本の自治体のいじめ防止方針に著しく欠けています。
我々市民からの要望に加え、特に学校の校長先生ら管理職の方々や保護者が子どもの権利条約やCAPを真に理解してくださることで、定義は変化を余儀なくされ、子どもを取り巻く環境にごく自然に馴染むと思います。
それと、そもそもいじめの定義を軽視しないこと、反復継続性を定義から取り除かないことが日本の学校には求められていると思います。

子ども同士の陰湿ないじめについては、日本の学校の構造全体を変えない限り次々と生まれてしまうと感じます。
とはいえ少しでも早いうちに芽をつんで防止しようとするならば、いじめは見えにくいという常套句を封印し、子ども同士で育ち合う過程で生じる摩擦と、いわゆる"いじり"行為と、陰湿ないじめの3つは、例えるならお湯→水→氷みたいに形を変化する可能性があり、決して別物では無いと言うことを大人たちが再認識してつぶさに観察しなければならないと思います。
また、スクールカーストの構造についてよく学び対策を講じる必要があります。
いずれの場合も、制限を増やして監視するというやり方ではなく、子どもはより自由にしてあげて、大人の方がいじめ防止のスキルを上げる、というベクトルでやる必要があると感じます。
そして理想を言うならば、最善の教育を子どもに施すために先生方のコンディションを良くすべきで、そのための様々な措置をとることが必要だし、先生方も志を同じくする方々で力を合わせて、管理職にもっと意見を言うべきだと感じます。

自身の言動が相手を傷つけたか否かに気づけたり、人の多様性を認めあえる人間になるには、やはり子ども時代の遊び方が大事ですよね。
幼少期に遊びの中でまずは自分自身を見つめ、その後自分と外の世界をつなぐ、という行為=学び を自ら何度も何度も繰り返さないとなりません。
プレーパーク、森のようちえん、アルプス子ども会、イエナプラン etc。
形は違うけれど共通しているのは、子ども自身がより良くなろうとする力を信じて、子どもが真の学びをできるような環境づくりをしていることだと思います。
子どもにとって最善な教育環境は何かを、狭い視野で考えずに社会とリンクさせて考えれば自ずと出てくる最良の選択肢です。
そんな中、先日僕らが話を聴いたイエナプラン的な教育を公立学校に持ち込む試みは素晴らしい鏑矢だと感じました。
また、多治見市にあるちゃどかんやMiiは今までにない新たな潮流を生んでいると思います。"

http://www5a.biglobe.ne.jp/~with3/gyakutai/morahara/morahara.htm



















































  

Posted by hyakuyobako

2016年02月05日 20:33

僕らは

僕らは僕らにできるあらゆることをする。

呼びかけたら手を貸してほしい。
あなたの力がいる。








僕らは僕らにできるあらゆることをする。

・兵庫県川西市を訪ね子どもオンブズ制度を学ぶ。
・豊田市教育委員会会議を定期的に傍聴する。
・モラル・ハラスメントについて学ぶ機会をつくる。
・いじめ予防のシンポジウムを旧町村で開催する。
・いじめ予防をテーマにした(住んでいる地域に縛られない)テーマ・コミュニティーをあちこちにたくさん作る。
・NVCを学び、CAPを学び、子どもの権利条約を学び、オルヴェウスいじめ防止プログラムを学び、イエナプランを学び、森のようちえんを学び、アルプス子ども会を学び、ちゃどかんを学び、Miiを学び、プレーパークを学ぶ。
・豊田市子どもの権利相談室とつながる。
・豊田市青少年相談センターとつながる。
・良き先生方とつながる。
・良き親たちとつながる。
・良き先生方と良き親たちをつなげる。
・自然の力を信じる。
・遊びの力を信じる。
・子どもを信じる。
・子ども同士の育ちあいを信じる。
・子どもにとって最善は何かを常に考える。

僕らは僕らにできるあらゆることをする。

何もしないために、何も変えないために、ありとあらゆることを(矛盾の無矛盾化を)する大人たち。
そういう最善を尽くそうとしない大人たちを、舞台から引きずり下ろすために。

呼びかけたら手を貸してほしい。
あなたの力がいる。

僕ら山里センチメンツは僕らにできるあらゆることをする。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/ryouchida/20151103-00051077/










































  

Posted by hyakuyobako

2015年11月01日 19:30

山里センチメンツ・ミーティング#4 に参加された方へ。





2015/10/30(金)に 山里センチメンツ が主催するテーマ・コミュニティー・ミーティング#4 として【いじめとハラスメントを語り考えるミーティング 2015 足助】を開催いたしました。

お時間をやりくりしてご参加いただきましたみなさま。
誠にありがとうございました。
あらためてお礼申し上げます。



さて参加者のみなさんにひとつお願いしたいことがございます。
近々、パルクとよたに御礼に伺います。
その際に、ミーティング内での講師のご講演に関する感想や、時間がなく発言できなかったご意見、質問などをまとめて綴ってお届けしようと思っています。
また同時に、それらを山里センチメンツの今後の活動の参考にさせていただきたいと思います。
Eメール、Facebookなどを通じて上記に関するメッセージをお一人お一人にお送りしますので、ご協力をお願い申し上げます。^_^
*ただいまその用意しておりますので少々お待ちください。


山里センチメンツ

































  


Posted by hyakuyobako

2015年10月21日 23:08

10/30(金)、お車でお越しの方へ。 山里センチメンツ・ミーティング#4の件

山里センチメンツ が主催するテーマ・コミュニティー・ミーティング#4 〜【いじめとハラスメントを語り考えるミーティング 2015 足助】に参加予約して下さったみなさま、ありがとうございます。

この記事はお車を運転していらっしゃる方向けに書いています。
また、バスでいらっしゃる方もぜひご覧ください。


*追分方面(西中金方面または鞍ケ池方面)から

足助地区唯一のセブンイレブンとスーパーパレットの間の信号(足助記念橋北)を右折すると、斜め向かいに足助病院が見えてきます。
*古い地図、古いナビの地図にはセブンイレブン隣にガソリンスタンドがありますが、現在はセブンイレブン駐車場になっており存在しません。




病院前のバス出入り口・送迎専用ロータリーを通り過ぎると







一般車の入り口があります。
右折すると、





すぐにまた右にハンドルを切り、来たのと同じ方角に戻っていく向きで進入していくことになります。



道が左にカーブします。
この箇所は道幅が狭いので特にゆっくり進んでください。



左手に正面玄関。



右手にバス乗り場。



タクシー乗り場を過ぎてまっすぐ進むと



突き当たります。
左折すると



ミーティング会場がある南棟が見えてきます。(真っ白い建物)



駐車場は香嵐渓の方角に広がっています。
南棟前が一杯でしたら奥(ベージュの建物方向)に車を進めてください。
*駐車料金はかかりません。無料です。



南棟の玄関を入って右手奥に進むと



突き当たりにミーティング会場となる講義室1があります。



当日はミーティングスタートは10時ですが、1時間前の9時から講義室を参加者向けに解放します。
ミーティングの支度をしている最中でも受付しますので、遠慮なく入ってきてください。( ´ ▽ ` )ノ



*この日は、旭出身の理学療法士の方がおじいちゃん、おばあちゃん向けに講義を行う日でした。( ´ ▽ ` )ノ






ちなみに南棟向かいに中庭を挟んで本館があります。(限りなく黒に近い濃いこげ茶色っぽい色の建物)



*本館側から中庭を挟んで南棟を見た図。



本館の玄関ホールにはテーブル、椅子があり休憩ができます。
ホールの奥まったところに飲料自販機が、ホール隣には売店があります。
売店近くにJAのキャッシュサービスコーナーがあります。




Illustrated by 原明あさの HARAMYO Asano( http://art-watage.com/haramyo/

*ミーティング関連の目印はこのイラスト!
( ´ ▽ ` )ノ




++++++++++++++++++
<お知らせ>

〜 山里センチメンツ が主催するテーマ・コミュニティー・ミーティング#4 〜【いじめとハラスメントを語り考えるミーティング 2015 足助】を10/30(金)に足助病院の講義室をお借りして開催することになりましたのでご案内させていただきます。

このミーティングはお住いの地域に関係なくどなたでも参加できます。

私たちは、いじめとハラスメントの予防をテーマとした地域を越えたひとの集まり(テーマ・コミュニティー)を作りたいと考えているからです。

講師の話の他にリラックスムードでのフリーディスカッションタイムもあります。お気軽にご参加下さいね。
またお知り合いに本情報をシェアいただけたら幸いです!

+++++++++++++++++++




◆日時
2015年10月30日 (金曜日) 10:00 ~12:00
(開場/受付 9:00 より)

◆ 場 所
足助病院 南棟 1F 講義室 〒444-2351 愛知県豊田市岩神町仲田 20 番地

◆ 主 催
山里センチメンツ
(代表 安藤 順)

◆ 協 力
三河中山間地域で安心して暮らし続けるための健康ネットワーク研究会
(会長 足助病院院長 早川富博氏)

◆参加費
資料代としておひとり100円

◆参加申し込み
下記のいずれかにメールを送って予約してください。
yamazatosentiments@gmail.com
anti.moral.harassment.project@gmail.com
(担当 安藤)
メールには、参加人数、氏名をご記入ください。
(併せて、テーマに関係したコメントを書いていただいても構いません。)


*第二回目である今回は、豊田市青少年相談センター(パルクとよた)より講師をお招きし、本年4月に発表されたばかりの『豊田市いじめ防止基本方針』を、いじめの予防的アプローチのヒントにすべく皆で学びます。

後半にはクエスチョンタイムと、リラックスムードでのフリーディスカッションタイムも設けます。

なおミーティングの冒頭には大人のハラスメント問題も含めた最新の話題を山里センチメンツスタッフが提供します。



◆スケジュール詳細
9:00
開場、受付開始

10:00〜10:15
◯あいさつ・趣旨説明 / 山里センチメンツ代表 安藤 順

10:15 〜10:45
◯豊田市いじめ防止基本方針についてのおはなし / 青少年相談センター(パルクとよた)指導主事 鈴木京子さん

10:45〜11:00
◯質疑応答

11:00〜11:50
◯座談会〜フリーディスカッション:いじめ予防にあたり私たちに何ができるか、などについて〜

11:50〜12:00
◯まとめ


*フライヤー(チラシ)や山里センチメンツの活動実績はこちらからご覧になれます。
https://www.dropbox.com/sh/iiu2pdb2curdmzp/AAAxYNwX5n2T5H9yKuMKnT-Ta?dl=0

*本件に関する記事はこちらのブログでもお読みいただけます。

Ameba
http://s.ameblo.jp/a-mh-project/

Yahoo
http://blogs.yahoo.co.jp/anti_moral_harassment_project/

excite
http://amhproject.exblog.jp/

goo
http://blog.goo.ne.jp/a-mh-project/

Boo-log(ローカルブログ)
http://antimoralharassmentproject.boo-log.com

http://yamazatosentiments.boo-log.com

http://hyakuyobako.boo-log.com/  


Posted by hyakuyobako

2015年10月16日 21:45

半月後。





半月後。





〜 山里センチメンツ が主催するテーマ・コミュニティー・ミーティング#4 〜【いじめとハラスメントを語り考えるミーティング 2015 足助】まで、あと半月となりました。


開催日である10/30(金)は晴れてくれるかな?
室内で行いますが、会場となる足助病院の中庭はなかなか気持ちが良いスペースなので、雨など降らなければミーティング前後にここでくつろいでいただけます。






現在のところ、参加が確定した人数は講師とスタッフを含めて全部で26名で、当初想定した30名に近くて、ちょうど良い人数になりつつあるなぁ、と思っています。

あっ、ベビーとご一緒されるママさんがお二人いらっしゃいますから、( ´ ▽ ` )ノ 正確にはベビーをプラスして現在28名になりますね。

中庭以外にも、玄関ロビーにテーブルと椅子がありますからそちらでも休憩できます。







病院長の早川先生の、地域に開かれた病院づくりに関するお考えは下記にて読めます。
ぜひご一読ください。

http://www.project-linked.jp/?p=7787






+++++++++++++++++++
<お知らせ>

〜 山里センチメンツ が主催するテーマ・コミュニティー・ミーティング#4 〜【いじめとハラスメントを語り考えるミーティング 2015 足助】を10/30(金)に足助病院の講義室をお借りして開催することになりましたのでご案内させていただきます。

このミーティングはお住いの地域に関係なくどなたでも参加できます。

私たちは、いじめとハラスメントの予防をテーマとした地域を越えたひとの集まり(テーマ・コミュニティー)を作りたいと考えているからです。

講師の話の他にリラックスムードでのフリーディスカッションタイムもあります。お気軽にご参加下さいね。
またお知り合いに本情報をシェアいただけたら幸いです!

+++++++++++++++++++




◆日時
2015年10月30日 (金曜日) 10:00 ~12:00
(開場/受付 9:00 より)

◆ 場 所
足助病院 南棟 1F 講義室 〒444-2351 愛知県豊田市岩神町仲田 20 番地

◆ 主 催
山里センチメンツ
(代表 安藤 順)

◆ 協 力
三河中山間地域で安心して暮らし続けるための健康ネットワーク研究会
(会長 足助病院院長 早川富博氏)

◆参加費
資料代としておひとり100円

◆参加申し込み
下記のいずれかにメールを送って予約してください。
yamazatosentiments@gmail.com
anti.moral.harassment.project@gmail.com
(担当 安藤)
メールには、参加人数、氏名をご記入ください。
(併せて、テーマに関係したコメントを書いていただいても構いません。)


*第二回目である今回は、豊田市青少年相談センター(パルクとよた)より講師をお招きし、本年4月に発表されたばかりの『豊田市いじめ防止基本方針』を、いじめの予防的アプローチのヒントにすべく皆で学びます。

後半にはクエスチョンタイムと、リラックスムードでのフリーディスカッションタイムも設けます。

なおミーティングの冒頭には大人のハラスメント問題も含めた最新の話題を山里センチメンツスタッフが提供します。



◆スケジュール詳細
9:00
開場、受付開始

10:00〜10:15
◯あいさつ・趣旨説明 / 山里センチメンツ代表 安藤 順

10:15 〜10:45
◯豊田市いじめ防止基本方針についてのおはなし / 青少年相談センター(パルクとよた)指導主事 鈴木京子さん

10:45〜11:00
◯質疑応答

11:00〜11:50
◯座談会〜フリーディスカッション:いじめ予防にあたり私たちに何ができるか、などについて〜

11:50〜12:00
◯まとめ


*フライヤー(チラシ)や山里センチメンツの活動実績はこちらからご覧になれます。
https://www.dropbox.com/sh/iiu2pdb2curdmzp/AAAxYNwX5n2T5H9yKuMKnT-Ta?dl=0

*本件に関する記事はこちらのブログでもお読みいただけます。

Ameba
http://s.ameblo.jp/a-mh-project/

Yahoo
http://blogs.yahoo.co.jp/anti_moral_harassment_project/

excite
http://amhproject.exblog.jp/

goo
http://blog.goo.ne.jp/a-mh-project/

Boo-log(ローカルブログ)
http://antimoralharassmentproject.boo-log.com

http://yamazatosentiments.boo-log.com

http://hyakuyobako.boo-log.com/

























































  


Posted by hyakuyobako

2015年10月11日 22:10

民間人によるいじめ・ハラスメント防止プログラムを作ります。


Illustrated by 原明あさの HARAMYO Asano( http://art-watage.com/haramyo/





今年の初めぐらいはプライヴェート活動に集中する気分ではなくて、何となく毎日が過ぎていったのですが、お給料のうち自由に使えるお金のほとんどを本を買うこと使い、読んでは考え、読んでは考えしているうちに(そして次の方向性を定めるのに何かヒントになるようなものが見つからないかなと参加したくるま座ミーティングから得た様々な情報により)ようやく夏頃になって"いじめとハラスメントの予防的アプローチ"についてもっともっと探求すべきなんだ、という方針めいたものを導き出すことができました。

そんなわけで足助病院で開催する秋の山里センチメンツ・ミーティングでは、予防をテーマに学習をすることにしたのです。

ちょうどその頃、おいでん・さんそんセンターの方からお招きいただいて次世代育成部会のミーティングに参加したことがトリガーとなって、昨年の山里センチメンツ・ミーティングでは主としては取り上げなかった子どものいじめについてより深く考えるようになりました。

大人のハラスメント、特にモラル・ハラスメントのことを学んでいると、どうしても加害者が加害行為に至るわけを考えざるをえないのですが、その分野はかなり専門的でアマチュアの手に負えるものではありませんでした。
しかし生涯発達心理学という学問を手元にぐいっとたぐり寄せることで、迷路のような深くて暗い森の中で一筋の道を見つけたときのように、モラル・ハラスメントを予防するために必要な知識をさらに得ることができたのでした。



子ども時代から青年期。

モラル・ハラスメントの世代を超えた負の連鎖を断ち切るためにはその時代に集中して予防的アプローチをかけねばなりませんが、そのアプローチは親がするものとは限りません。
むしろ子ども同士のアプローチ、親以外の大人からのアプローチの方が大切かもしれません。
(北欧のオルヴェウスのいじめ防止プログラムは予防的アプローチの代表的なものとして世界的に有名ですが、実に多くの人々が関わるオープンなプログラムです。)

足助病院での山里センチメンツ・ミーティングは、山里に暮らす人々、関わる人々が心身ともに健やかに暮らすために集い語るものとして昨年からスタートさせましたが、最終目標は民間人によるいじめ・ハラスメント防止プログラムの作成です。

この秋参加される方の中には、深い悩みを抱えている方もいらっしゃるでしょう。
ですから、そんなプログラムなんて考えてる余裕はない、と思われるかもしれませんが安心してください。
あなたが語ったことは、防止プログラムというタペストリーを編むための一本の糸に生まれ変わります。

あなたが語ればその糸を紡ぐことになるのです。










+++++++++++++++++++
<お知らせ>

〜 山里センチメンツ が主催するテーマ・コミュニティー・ミーティング#4 〜【いじめとハラスメントを語り考えるミーティング 2015 足助】を10/30(金)に足助病院の講義室をお借りして開催することになりましたのでご案内させていただきます。

このミーティングはお住いの地域に関係なくどなたでも参加できます。

私たちは、いじめとハラスメントの予防をテーマとした地域を越えたひとの集まり(テーマ・コミュニティー)を作りたいと考えているからです。

講師の話の他にリラックスムードでのフリーディスカッションタイムもあります。お気軽にご参加下さいね。
またお知り合いに本情報をシェアいただけたら幸いです!

+++++++++++++++++++




◆日時
2015年10月30日 (金曜日) 10:00 ~12:00
(開場/受付 9:00 より)

◆ 場 所
足助病院 南棟 1F 講義室 〒444-2351 愛知県豊田市岩神町仲田 20 番地

◆ 主 催
山里センチメンツ
(代表 安藤 順)

◆ 協 力
三河中山間地域で安心して暮らし続けるための健康ネットワーク研究会
(会長 足助病院院長 早川富博氏)

◆参加費
資料代としておひとり100円

◆参加申し込み
下記のいずれかにメールを送って予約してください。
yamazatosentiments@gmail.com
anti.moral.harassment.project@gmail.com
(担当 安藤)
メールには、参加人数、氏名をご記入ください。
(併せて、テーマに関係したコメントを書いていただいても構いません。)


*第二回目である今回は、豊田市青少年相談センター(パルクとよた)より講師をお招きし、本年4月に発表されたばかりの『豊田市いじめ防止基本方針』を、いじめの予防的アプローチのヒントにすべく皆で学びます。

後半にはクエスチョンタイムと、リラックスムードでのフリーディスカッションタイムも設けます。

なおミーティングの冒頭には大人のハラスメント問題も含めた最新の話題を山里センチメンツスタッフが提供します。



◆スケジュール詳細
9:00
開場、受付開始

10:00〜10:15
◯あいさつ・趣旨説明 / 山里センチメンツ代表 安藤 順

10:15 〜10:45
◯豊田市いじめ防止基本方針についてのおはなし / 青少年相談センター(パルクとよた)指導主事 鈴木京子さん

10:45〜11:00
◯質疑応答

11:00〜11:50
◯座談会〜フリーディスカッション:いじめ予防にあたり私たちに何ができるか、などについて〜

11:50〜12:00
◯まとめ


*フライヤー(チラシ)や山里センチメンツの活動実績はこちらからご覧になれます。
https://www.dropbox.com/sh/iiu2pdb2curdmzp/AAAxYNwX5n2T5H9yKuMKnT-Ta?dl=0

*本件に関する記事はこちらのブログでもお読みいただけます。

Ameba
http://s.ameblo.jp/a-mh-project/

Yahoo
http://blogs.yahoo.co.jp/anti_moral_harassment_project/

excite
http://amhproject.exblog.jp/

goo
http://blog.goo.ne.jp/a-mh-project/

Boo-log(ローカルブログ)
http://antimoralharassmentproject.boo-log.com

http://yamazatosentiments.boo-log.com

http://hyakuyobako.boo-log.com/

































  


Posted by hyakuyobako

2015年09月23日 22:37

再読 『森の力 / 浜田久美子 (岩波新書)』




この本に森のようちえんのことが書いてあったような・・・。



あった。

ありました。

浅井智子さんの講演を聴いたのち再読するのは良いかもと思い、本を開きました。
以下は読みながら iPhone に控えたメモの一部。




・子どもの生活には動と静、集中と拡散が必要。

アクセルとブレーキ。

ほとばしりと静寂のコントラスト。

発散できる場と状況で思い切りそれをすること、そぐわない場所では抑えること。



・森での保育は自尊感情が育ちやすい。

森では皆が違う遊びができる。
皆がそれぞれの遊びをすることが

許される、

認められる、

許されている感覚、

を持てる。

好きなこと、好きなものを見つけて、安心して遊べる。

人工物とは異なり同じ物が何一つない森では、違うのが当たり前、ということをごく自然に受け止められる。

違いが楽しいこと、面白いことを、森では当たり前として感じられる。





*『森の力』の下に積まれているのは同じく再読予定のフィンランド、北欧に関係した本たち。






+++++++++++++++++++

〈お知らせ〉

〜 山里センチメンツ が主催するテーマ・コミュニティー・ミーティング#4 〜【いじめとハラスメントを語り考えるミーティング 2015 足助】を10/30(金)に足助病院の講義室をお借りして開催することになりましたのでご案内させていただきます。


このミーティングはお住いの地域に関係なくどなたでも参加できます。

私たちは、いじめとハラスメントの予防をテーマとした地域を越えたひとの集まり(テーマ・コミュニティー)を作りたいと考えているからです。

講師の話の他にフリーディスカッションタイムもあります。お気軽にご参加下さいね。
またお知り合いに本情報をシェアいただけたら幸いです!

+++++++++++++++++++




◆日時
2015年10月30日 (金曜日) 10:00 ~12:00
(開場/受付 9:00 より)

◆ 場 所
足助病院 南棟 1F 講義室 〒444-2351 愛知県豊田市岩神町仲田 20 番地

◆ 主 催
山里センチメンツ
(代表 安藤 順)

◆ 協 力
三河中山間地域で安心して暮らし続けるための健康ネットワーク研究会
(会長 足助病院院長 早川富博氏)

◆参加費
資料代としておひとり100円

◆参加申し込み
下記のいずれかにメールを送って予約してください。
yamazatosentiments@gmail.com
anti.moral.harassment.project@gmail.com
(担当 安藤)
メールには、参加人数、氏名をご記入ください。
(併せて、テーマに関係したコメントを書いていただいても構いません。)


*第二回目である今回は、豊田市青少年相談センター(パルクとよた)より講師をお招きし、本年4月に発表されたばかりの『豊田市いじめ防止基本方針』を、いじめの予防的アプローチのヒントにすべく皆で学びます。

後半にはクエスチョンタイムと、リラックスムードでのフリーディスカッションタイムも設けます。

なおミーティングの冒頭には大人のハラスメント問題も含めた最新の話題を山里センチメンツスタッフが提供します。



◆スケジュール詳細
9:00
開場、受付開始

10:00〜10:15
◯あいさつ・趣旨説明 / 山里センチメンツ代表 安藤 順

10:15 〜10:45
◯豊田市いじめ防止基本方針についてのおはなし / 青少年相談センター(パルクとよた)指導主事 鈴木京子さん

10:45〜11:00
◯質疑応答

11:00〜11:50
◯座談会〜フリーディスカッション:いじめ予防にあたり私たちに何ができるか、などについて〜

11:50〜12:00
◯まとめ

*フライヤー(チラシ)や山里センチメンツの活動実績はこちらからご覧になれます。
https://www.dropbox.com/sh/iiu2pdb2curdmzp/AAAxYNwX5n2T5H9yKuMKnT-Ta?dl=0

*本件に関する記事はこちらのブログでもお読みいただけます。

Ameba
http://s.ameblo.jp/a-mh-project/

Yahoo
http://blogs.yahoo.co.jp/anti_moral_harassment_project/

excite
http://amhproject.exblog.jp/

goo
http://blog.goo.ne.jp/a-mh-project/

Boo-log(ローカルブログ)
http://antimoralharassmentproject.boo-log.com

http://yamazatosentiments.boo-log.com

http://hyakuyobako.boo-log.com/































































  


Posted by hyakuyobako

2015年09月23日 20:26

Dropbox に関して



10/30(金)に足助病院講義室をお借りして開催する〜 山里センチメンツ が主催するテーマ・コミュニティー・ミーティング#4 〜【いじめとハラスメントを語り考えるミーティング 2015 足助】のフライヤーや関資料は、こちらのDropboxから入手できます。

https://www.dropbox.com/sh/iiu2pdb2curdmzp/AAAxYNwX5n2T5H9yKuMKnT-Ta?dl=0



*なお以前お知らせしたDropboxのURLをクリックしても現在は見られませんのでご容赦ください。


+++++++++++++++++++
お知らせ

〜 山里センチメンツ が主催するテーマ・コミュニティー・ミーティング#4 〜
【いじめとハラスメントを語り考えるミーティング 2015 足助】を10/30(金)に開催することになりましたのでご案内させていただきます。


このミーティングはお住いの地域に関係なくどなたでも参加できます。

私たちは、いじめとハラスメントの予防をテーマとした地域を越えたひとの集まり(テーマ・コミュニティー)を作りたいと考えているからです。

講師の話の他にフリーディスカッションタイムもあります。お気軽にぜひご参加下さいね。
またお知り合いに本情報をシェアいただけたら幸いです!

+++++++++++++++++++




◆日時
2015年10月30日 (金曜日) 10:00 ~12:00
(開場/受付 9:00 より)

◆ 場 所
足助病院 南棟 1F 講義室 〒444-2351 愛知県豊田市岩神町仲田 20 番地

◆ 主 催
山里センチメンツ
(代表 安藤 順)

◆ 協 力
三河中山間地域で安心して暮らし続けるための健康ネットワーク研究会
(会長 足助病院院長 早川富博氏)

◆参加費
資料代としておひとり100円

◆参加申し込み
下記のいずれかにメールを送って予約してください。
yamazatosentiments@gmail.com
anti.moral.harassment.project@gmail.com
(担当 安藤)
メールには、参加人数、氏名をご記入ください。
(併せて、テーマに関係したコメントを書いていただいても構いません。)


*第二回目である今回は、豊田市青少年相談センター(パルクとよた)より講師をお招きし、本年4月に発表されたばかりの『豊田市いじめ防止基本方針』を、いじめの予防的アプローチのヒントにすべく皆で学びます。

後半にはクエスチョンタイムと、リラックスムードでのフリーディスカッションタイムも設けます。

なおミーティングの冒頭には大人のハラスメント問題も含めた最新の話題を山里センチメンツスタッフが提供します。



◆スケジュール詳細
9:00
開場、受付開始

10:00〜10:15
◯あいさつ・趣旨説明 / 山里センチメンツ代表 安藤 順

10:15 〜10:45
◯豊田市いじめ防止基本方針についてのおはなし / 青少年相談センター(パルクとよた)指導主事 鈴木京子さん

10:45〜11:00
◯質疑応答

11:00〜11:50
◯座談会〜フリーディスカッション:いじめ予防にあたり私たちに何ができるか、などについて〜

11:50〜12:00
◯まとめ


*本件に関する記事はこちらのブログでもお読みいただけます。

Ameba
http://s.ameblo.jp/a-mh-project/

Yahoo
http://blogs.yahoo.co.jp/anti_moral_harassment_project/

excite
http://amhproject.exblog.jp/

goo
http://blog.goo.ne.jp/a-mh-project/

Boo-log(ローカルブログ)
http://antimoralharassmentproject.boo-log.com

http://yamazatosentiments.boo-log.com

http://hyakuyobako.boo-log.
http://yamazatosentiments.boo-log.com

http://hyakuyobako.boo-log.com/























  


Posted by hyakuyobako