2015年10月08日 10:10

"山里子育て耕縁会~子育ては一大イベント!?子どもがいるって面白い!" #5

カテゴリ:次世代教育カテゴリ:山里子育て耕縁会




9/30に敷島会館で行われた "山里子育て耕縁会~子育ては一大イベント!?子どもがいるって面白い!" について連載形式で書いてきましたが、今回が一区切りの記事となります。^_^



鈴木桂子さんのお話のあとは、稲武や旭、足助などで自主保育をされている"野苺の会"のママさんから活動の紹介がありました。

稲武は僕の実家から最も近い町で(同じ自治区である小渡よりも断然近い!つまり実家は旭の端っこにあるのです。)馴染みがあります。
ですからお買い物など用事を済ますのはいつも稲武でした!

以前次世代育成部会のミーティングでママさんから稲武の大井平公園を子どもたちと散歩したりするときもあります、という話を聴いて、あそこはホタルや紅葉を見るのに最高の場所ですが、大人だけでなくお子さまも過ごしやすい場所だろうな、と思いました。
野外で自然と向き合い遊ぶのが基本なのでしょうけど、ときには人が整備した場所の力を借りても良いと思います。

稲武地球小屋のお話も出ました。
僕は自分のノートに、稲武寺子屋、城山登山、川遊び、草木染め、というキーワードを書いていて、さっき読み返してインターネットで検索したら、どこもかしこも寺子屋の寺が抜けてんじゃん!なんで?

いまわかりました。(ーー;)
地球、とかいて、テラなのですね!
かっこいいネーミング!

*お話の中で説明があったかもしれませんね。僕が聴き逃したのでしょう。


続いて、自主保育の旭あひる隊のママさんが活動を紹介されました。
僕は旭にそうした活動をしているママさんたちがいらっしゃることをまったく存じ上げなくて、いまにして思えばたまに伺う交流館で何度かすれ違ったことがあるような気がします。

もちろん、とよたプレーパーク、グリーンママンの紹介もありましたよ!






会場となった敷島会館の写真を記事にアップしていて、いまごろ、敷島会館の正式名称を知りました。(ーー;)
敷島農村環境改善センター敷島会館と言うのですね!


*豊田市旭地区農村環境改善センター条例
平成16年12月27日 条例第51号より抜粋。

(趣旨)
第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2の規定に基づき、豊田市旭地区農村環境改善センターの設置及び管理に関し、必要な事項を定めるものとする。
(設置)
第2条 農業の振興、農村生活の改善及び地域住民の生活文化の向上を推進するため、豊田市旭地区農村環境改善センター(以下「センター」という。)を次のとおり設置する。

名称
敷島農村環境改善センター敷島会館
位置
豊田市杉本町奥西山49番地

名称
築羽農村環境改善センター築羽会館
位置
豊田市槙本町落合11番地1






カコーン!





座談会ではママさんたちが熱い思い、素直な気持ちを語り合いました。
はじめての催しだったので戸惑いや遠慮もあっただろうけど、次回が楽しみです、という声を沢山聴きました。

カコーン!
と打たれて地面をボールが転がるようように、ママさんたちのボールもママさんたちが望む方向に転がり始めることでしょう。




*講演直後にママさんを差し置いて桂子さんに質問してしまった僕。
みなさん、どうかお許しを。
もうすこし短いのにすれば良かったし。
(ーー;)
でもあの質問で、ご自身のご家庭のことがぱーっと頭の中に、心の中に浮かんだんじゃないかな。
企んだわけではないけどね。^_^







































































  


Posted by hyakuyobako

2015年10月07日 23:36

"山里子育て耕縁会~子育ては一大イベント!?子どもがいるって面白い!" #4

9/30に豊田市の敷島会館で行われた "山里子育て耕縁会~子育ては一大イベント!?子どもがいるって面白い!" について連載形式で書いています。





僕が桂子さんと初めて会話したのは去年の秋。

勤務する高原でイヴェントがあり、普段は駐車場として利用しているスペースに食べ物や雑貨類を売るお店がテントを張り軒を連ねたのですが、彼女はその中の一軒にいました。

休憩時間がたまたま一緒になった同僚の女の子とあれこれ話しながらブラブラ歩いていて、桂子さんのお店の前を通り過ぎました。
そのとき、あの人はおもちゃ屋さんをやってる人だ!と気づきました。

その何ヶ月か前にインターネットで、検索キーワードは忘れましたが、とにかく彼女のことをたまたま知りブログなどを拝見していたからです。
僕は同僚の女の子に、この人はとにかく有名な人だよ、と話した記憶があります。
桂子さんのプロフィールはユニークかつ情報量が物凄く多くて、いったい何て説明して良いのかよくわからなかったからです。




その約1年後。

桂子さんの講演を聴くにあたり、僕は新しいノートを一冊用意したのですが、案の定、50ページあるノートはすべて埋まりました。
彼女の膨大なプロフィールに正比例した膨大な情報がぼくらにもたらされたからです。
一語一句、聴き逃すまいとペンを走らせたのでした。



彼女がする話を聴いてみて最初に思ったことは、とても正直に生きている人だなぁ、ということ。

このときの座談会でマイクを握った僕は、自分が何人もいたんですが、最近ようやく一人になりつつあるんです、何て話をしましたが、桂子さんの場合は昔の僕みたいに自分(の心)が分裂していたことなどきっと無かったのでは、と思います。



自分の人生を自分らしく生きる。

当たり前のことですが、なかなかできないことです。

ときには他人と衝突する事態も起こります。しかし彼女はたぶん、心を折りつつも自分が思う通りに生きようとし続け、その結果、衝突よりも遥かに多い人との良いつながりを次々と作り上げてきたのでしょう。



な〜んて。



僕は彼女についてまだ何も知らない。



だからいろいろ、書けるんですけどね。
( ̄▽ ̄)



北欧の小学校の校舎は、図書館にどの教室からもすっと最短距離で行ける構造になっているところが多々あるそうです。

桂子さんは北欧の図書館みたいな人かもね。

置いてある本の種類、ジャンル、傾向は多少偏ってるかもしれないけど、蔵書の数は半端ないはず。
気に入った子ども(親)は入り浸るだろうな。



To be continued.












































































.









  


Posted by hyakuyobako

2015年10月06日 06:39

"山里子育て耕縁会~子育ては一大イベント!?子どもがいるって面白い!" #3

カテゴリ:次世代教育カテゴリ:山里子育て耕縁会
9/30に敷島会館で行われた "山里子育て耕縁会~子育ては一大イベント!?子どもがいるって面白い!" について連載形式で書いています。






後半の座談会でみなさんにお話しましたが、最近の僕の得意技はすぐに子ども時代に戻れること(子ども時代の記憶をたぐりよせられること)です。

桂子さんがご自身のブラック教師恐怖体験を話されたときは、僕のブラック教師恐怖体験もフラッシュバック。

あの一年間は、大雨や大雪で休校にならないかな、とか、(自分またはブラック教師が)病気になってしまわないかな、とか毎日悶々と考えていました。

殴られ、罵られ、無視され・・・。

辛くて苦しい日々でした。

文字通り反面教師として捉えることはいまだ至難の技なのですが、桂子さんのお話を聴いて僕はあの体験を無駄にしてはいけないな、とあらためて思いました。

過疎地の小学校の極端に少人数のクラスでブラック教師が担任となり、毎日恐怖を撒き散らして子どもたちを支配する。
そんな事態にならないよう、絶対に止めなければなりません。

また、複式学級は普通学級とは違った教師のスキルが必要です。
二学年を一度に教えられる教科は良いのですが、そうでない教科の場合、片方は教師から指導を受け。片方は自習になる時間があります。
教師はひとつの教室の中で二つの島の間を行ったり来たりする落ち着かない指導をしますが、子どもたちだって落ち着きません。

小学生の頃に習ったことの中で白紙状態ですっぽり抜け落ちているものがあります。
確かに習ったはずなのですが、記憶があまりないもの。
僕の場合は、算数の割り算のやり方と、音楽の楽譜の読み方がそれにあたります。
どちらも先生が上の学年にかかりきりで、自習することが多かったことだけは記憶していますけど。(−_−;)

後に苦労して(必要に応じて)自身で学び直すことになるわけです。

いま思い出しました。
割り算のときはブラック教師が担任でした。
割るは割るでも、割り算ではなく、頭が割れるほど何度も何度も叩かれたことをよく憶えていますよ!
僕らはあのひとのストレスのはけ口だったのでしょう。
大人のストレスを僕らが受け止めていたのです。



To be continued.
http://hyakuyobako.boo-log.com/e336877.html























































  


Posted by hyakuyobako

2015年10月04日 22:52

山里子育て耕縁会~子育ては一大イベント!?子どもがいるって面白い!#2

カテゴリ:次世代教育カテゴリ:山里子育て耕縁会
9/30に敷島会館で行われた "山里子育て耕縁会~子育ては一大イベント!?子どもがいるって面白い!" について連載形式で書いています。





なお今回の記事の一部分は、おいでん・さんそんセンター次世代育成部会のメールやりとりで先日書いた内容とほぼ同じです。
部会参加者の方はどうかご容赦くださいね。
( ̄▽ ̄)








桂子さんのお話ははじめて聴きましたが、お話のテンポが良くてリズミカルで聴きやすく、情報量が多いけれどわかりやすくて、体験に基づいた話だからこその説得力がありました。





子育てサークルを転々としたのち、自分が納得できる子育て方針のサークル= おひさまクラブ を自ら作った話。
ママさんメーリングリストがうまく機能し始めて、常にシャワーのように良い情報がみんなに降り注ぐようになっていった話。

プレーパークについてはとてもじっくりと細かい話まで丁寧に、とよた親子劇場についてはためになる真面目な話に加えて、クスクス笑える楽しい写真も披露して下さいました。
(スナックのママになりたい願望を叶えたところに居合わせたかったです。(−_−;))

学童保育から見えてきたこと、というテーマでのお話も素晴らしかったです。
異論はありませんでした。

娘さんたちとご自身の関わり合いを例に、愛の感じ方についてお話をされました。
プライヴェートを語るのは勇気がいるはずですが、しかしおかげで理解が深まりました。
過保護と過干渉についてお話されましたが目から鱗でした。





最初から最後までとても明るくて、カラッとしてサバサバした桂子さんのトークでしたが、要所要所では、うわー痒いところに手が届くなあ!と唸りました。
桂子さんは良い理想をしっかり掲げてママさんたちを鼓舞するけれど、同時にかなり現実的で、子育てに懸命になりすぎて陥りやすいママの良くないアクションについて、実例をさりげなくサラリとあげていらっしゃいました。





学校の読み聞かせ会の話のときは、桂子さんの口調が他の話に増してすごく優しく感じました。
それは、手がかりを掴みたいのに掴めないママさんたちをイメージして、さらに気持ちを込めてお話しされていたからではないかな、と思いましたよ。





個人的には、森のわらべの浅井さんと同じくいじめの定義をしっかりシャープにブレなく掴んでいらっしゃることに感心しました。

またCAPとの出会いの話の際に、虐待の連鎖に関する数字データをきっちり紹介されたときはハッ、としました。
この方、やはり只者ではない!と。





他にも様々な視点からの様々なお話が。
こんなにたくさんの話を聴けるなんて!
すごく贅沢な時間でした。

桂子さんのトークは天賦の才と思われがちだと思いますが、かなり研究されて努力の末作られたものに違いない、持ち前のセンスだけじゃない、と感じました!



*この記事は次回に続きます。



追伸

聴きたいな、と思った方。
大丈夫。
チャンスはいくつかありますよ。
その中の一つはこちら。
刈谷でも鈴木桂子さんのお話が聴ける、という話。






【日時】2015年10月27日(火)

【時間】10時〜11時半
(受付開始時間9時半)
懇親会は、終了後〜14時(先着20名)

【会場】刈谷市総合文化センター
「アイリス」5階会議室

刈谷市若松町2丁目104番地
刈谷駅南口 徒歩1分

【参加費】500円
当日支払いでお願いします。

【定員】先着順80名

【託児】別室託児あり。2歳以上に限り
先着順15名
500円

※小さなお子さんや一緒に聞けそうなお子さんは同室同伴OKです。

【申し込み】
こくちーず
http://kokucheese.com/s/event/index/313497/

【主催】リトルハウス
(よさみプレーパーク&小さなお庭)

【問い合わせ】
littlehouse_gakuemi@yahoo.co.jp

【お願い事】
○お子さま同室同伴される方は周りの方に配慮お願いします。

○お申し込みの際に託児のご希望の方は備考欄にお子さまの月齢、お名前を入力よろしくお願いします。

○お子さまが同室同伴される方も月齢のみお教え頂くと助かります。(当日キャンセルの連絡不要)

○懇親会に参加される方は申し込みの上、お弁当をご持参下さい
(先着20名お子様同室同伴OK)

お友達などお誘い合わせのうえご参加ください!お申し込み、お待ちしてます!

〈鈴木桂子さんプロフィール〉
高校生と中学生の女の子の母親。
長女誕生後、木のおもちゃ屋『バンビーノバンビーナ』をオープンすると同時におもちゃコンサルタントに。
自然派育児サークル「おひさまクラブ」を立ち上げたり「とよたプレーパークの会」世話人、「豊田おやこ劇場」など地域で子どもを見守り育てる活動に積極的に参加。
 環境・平和・衣食住について考え発信する「グリーンママン」をママ友4人で結成。
 温熱刺激療法イトオテルミー療術師。
他に、幼稚園。自主サークル、大学での講演、文章書きのお仕事も。
2015年7月より「二井寺農園 農家民宿ちんちゃん亭」をオープン。

けーちんブログ「バンビの独り言」http://blog.goo.ne.jp/banbiblog



To be continued.

















































































  


Posted by hyakuyobako

2015年10月02日 00:41

山里子育て耕縁会~子育ては一大イベント!?子どもがいるって面白い!#1

カテゴリ:次世代教育カテゴリ:山里子育て耕縁会




コンピュータを駆使したエレクトロミュージックを奏でる3人組の新しいバンドが結成されました!

いまちょうど音合わせ、リハ中です!













カコーン!



(ゲートボール?マレットゴルフ?)








と言うのはもちろん冗談です。



ここは敷島会館。

平日の午前。
のどかな山里の風景。

和みますね〜。















受付が開始されました。




山里子育て耕縁会~子育ては一大イベント!?子どもがいるって面白い!と題されたこの催しのチラシには、こんなことが書いてありました。




"なんでそうなの!
どうしてできないの!
口からとびでる 愛のムチ。
本当は いつも笑って過ごしたい。

だからちょと集まって、
いろんな子育て聞いてみよう。
自分の思いも話しちゃおう!

つながることで 楽になる。
つながることで 笑顔になれる。 
「子どもがいるって 面白い!」

〈は〉ははは ( ´ ▽ ` )ノ
〈な〉なーんだ (^_^)
〈し〉しってよかった (≧∇≦)"







この日予定されたスケジュールはこんな感じでした。

10:00~12:00  講演会
鈴木桂子さんの話、自然育児グループ活動紹介

12:00~12:45  お昼休憩
12:45~14:00   座談会









To be continued.
http://hyakuyobako.boo-log.com/e336526.html






































































































  


Posted by hyakuyobako

2015年09月30日 17:38

山里子育て耕縁会~子育ては一大イベント!?子どもがいるって面白い!~

カテゴリ:次世代教育カテゴリ:山里子育て耕縁会
(準備中の様子)


今日は豊田市旭地区の敷島会館で開催された "山里子育て耕縁会~子育ては一大イベント!?子どもがいるって面白い!~"に参加しました。
http://www.oiden-sanson.com/event/asahi/entry-517.html





今回も以後の記事でアルプス子ども会、森のようちえんのように連載形式で何本か書きますね。
お楽しみに!


http://hyakuyobako.boo-log.com/e336209.html





























  


Posted by hyakuyobako