2014年09月13日 22:01

続 iPhone の画面が割れたときは

カテゴリ:日々のくらし

前回の記事の続きです。



結局、画面の割れ方が酷いため、修理ではなく、新しいiPhone5に変えることになりました。
スタッフの方より、

iCloudまたはiTunesにてデータをバックアップされていますか?
AppleのIDとバスワードはわかりますか?

と聞かれたので、はい、いずれも大丈夫です、と返答すると、

新しいiPhoneにバックアップデータを復元するのはお客様ご自身にて、Wi-Fi環境下でしていただきます、と言われました。



僕は割とまめに、数週間に一回は、iCloudにデータをバックアップしていたので、まったく不安な気持ちにはなりませんでした。
しかし、

iTunesを通じてお手持ちのパソコンなどにデータを保存されていますか、

と聞かれたとき、ちょっとドキッとしました。万が一データがiCloudにうまくバックアップされていなかった場合、頼みの綱は他にありません。
でも、まあ、毎回のバックアップ後に失敗した、とか、やり直せ、と言った表示がiPhoneに出たことは無いので、大丈夫だろう、と僕は思いました。



画面が割れたiPhoneの代わりに5千円弱を支払って新品を入手した僕は、家路を急ぎました。
この段階では、iPhoneは空っぽです。電話番号は割り振られていますが、そのままでは緊急電話しかできません。
電話帳は空。
写真データもゼロ。
LINEなどのアプリもゼロ。
インターネットもつながらず、メール類もできず、なのです。

帰宅してすぐに、バックアップされているはずのデータの復元を試みました。
すると、

バックアップデータが不良なので復元できない、といった内容の表示が。
えっ!まさか!

何度やっても、駄目でした。
バックアップデータは時間順に三つあったので全て試しましたが、どれも駄目。

泣く泣くAppleに電話すると、

バックアップが何らかの原因でうまくいっていなかったため、復元しようにも復元するデータがiCloudに無いと思われます、

との回答でした。
つまり、僕の新しいiPhoneは、以前のiPhoneのようにはならない、ということ。
僕は焦りました。
そんなことがありえるかも、とは思っていたしたが、まさか自分のiPhoneがそうなるなんて!

何らかの原因とは何ですか、とAppleに聞きましたが、いくつか例示はなされましたが、今回のアクシデントの原因を明瞭に説明するものではありませんでした。

iCloudの脆弱さを思い知った、事例でした。
幸い、メモ帳、インターネットのブックマークなどはなぜか数時間後に復元されましたが、電話帳は戻らなかったのでauの店舗にて、auのサーバーに残っていた一年半以上前の電話帳データをiPhoneに移してもらいました。
写真などの画像も駄目でしたが、そのほとんどは、iPhoneをノートパソコンにつないだ際に保存してあったので何とかなりました。



*だからそれがどうした、と言われかねのい記事なのですが、もしかしたら誰かの参考になるかもしれないと思い、書きました。^_^
ただし、こうした情報はすぐに古くなりますので一定の期間が経過したら、この記事は消そうと思います。


















同じカテゴリー(日々のくらし)の記事画像
選挙を補完するもの
難ある組織に身を置く人(日本国民?)は必読!
書きますよ。
Facebook 山里センチメンツくん誕生秘話について
Facebook について
子どもによる子どものための「子どもの権利条約」
同じカテゴリー(日々のくらし)の記事
 選挙を補完するもの (2016-02-13 20:56)
 難ある組織に身を置く人(日本国民?)は必読! (2016-02-07 20:40)
 書きますよ。 (2015-10-06 23:57)
 Facebook 山里センチメンツくん誕生秘話について (2015-10-04 06:41)
 Facebook について (2015-10-03 13:31)
 子どもによる子どものための「子どもの権利条約」 (2015-09-30 00:09)

Posted by hyakuyobako