2015年02月23日 20:30

『スウェーデンの持続可能なまちづくり』

先般、アルプス子ども会代表である綾崎幸生氏のお話を聴く機会を得て、思い浮かんだことを書き連ねています。



お話の中で、子ども会は上意下達というスタイルをとらない、子どもたちを番号で呼ぶことになるゼッケンは使わない、笛も(生命に危険が及びような非常事態以外は)使わない、と言うようなことをおっしゃっていました。

僕は、子供たちに向かって強く厳しい口調で指示や指導をしたり笛で指示することはその年長者の指導能力の不足を露呈していることだ、と前から強く思っていましたので、アルプス子ども会の方針を聞いて当たり前のことを当たり前にやっていらっしゃるな、と思いました。

子どもたちが高圧的な指導者や高圧的な仲間に従順になることで、集団生活における規律を守る癖がつくように錯覚している大人がいますが、利己的で責任回避思考ばかりが発達した駄目な大人や自己肯定感の低い大人になるためのトレーニングをしているに過ぎません。

また、高圧的な指導者や高圧的な仲間がいる中で子どもたち同士が民主的な話し合いなどできるわけはなく、できているように見えたとしてもそれは所詮身を守るための演技ですから百害あって一利なしです。

子どもたちを一人の人として扱わずに物のように扱い無理矢理言うことをきかせるやり方では、他者を思いやる気持ちを持った利他的な大人に育てることなどとてもできません。



かと思えば、


・穏やかな指導をするが熱意がない先生
・子供たちをつい叩いてしまったりするが熱意に溢れる指導をする先生

これら二つのタイプのどちからかを選ぶとすらならば、後者の方が良い、というお母さんが僕の身近にいらっしゃいました。

お母さんがこの発言をされる前に僕らがしていた会話は、子供たちが通う学校に熱意の無い教師たちがいて困っている、というお話だったので、このお母さんの気持ちはよく分かりました。
ですから僕はただただうなづいてお話を聞いたのです。

もちろん、熱意があろうとなかろうと、言うことを聞かせようと高圧的に、ましてや暴力を用いて指導や指示することがダメであることは、そのお母さんはよくわかっていらっしゃいました。

しかし、教師が周りの顔色ばかり伺い、保身ばかり考えて子供たちを指導しようとするならば、その悪しき姿は子供たちにとって良くない影響を与えてしまうのではないか、
お母さんはそういうことを怖れているように感じました。





さて、ここで一冊の本を紹介します。

この本はタイトルが示す通りスウェーデンにおける持続可能な社会づくりに関することが書かれています。

第7章で子供たちの教育と持続可能な社会との関係性について触れられているのですが、その冒頭にはこんな良い一文が書かれていました。
その一部を抜粋しますね。



『学びについて

よく言われることだが、私たちの未来を担うのは子どもである。未来を現在とは違ったものにしたいと思うなら、子どもたちに早くから理想の未来を考えさせ、それを実現させるようにしなければならない。これは、私たち大人が作り出してしまった問題を子供たちに解決させるということでなく、早くから今までとは違う物事のやり方や世界の見方を教えるということだ。』



いかがですか。

これは、現代日本における子供たちの教育において、著しく欠けている視点だと思いませんか。

大人のその場その場の利己的な都合で、子どもの成長への悪影響を考えず、子どもに無用な緊張感を強いて思うままに支配しようとしたり、理想の未来を考える機会を与えずに、とにかく今の世の中で無難に生きる処世術だけを教え込もうとする大人が多いのではないでしょうか。

または、人間性を高めることにフォーカスしない競争意識を煽るだけの(不安にさせることで金を得ようとする輩が仕掛ける)質の低い情報を鵜呑みにして、子どもたちをその時代錯誤な型に無理にはめようとする大人が多いのではないでしょうか。

そういう妙な空気の中で「今までとは違う物事のやり方や世界の見方」を子供たちがしやすい環境を作ろうとするのは容易いことではありません。

世間の不穏な同調圧力に屈することなく自ら考えて行動する力を育む手立てのひとつは、子どもたちが元々持っている良い資質をより強いものにするため子どもたち同士で遊び、喧嘩し、あらゆるコミニュケーションを試して切磋琢磨することができる場所と機会を大人が作ることなのです。

かねてよりぼんやりと考えていた上記の考え方は、僕が綾崎さんのお話を聴く機会となった、おいでん・さんそんセンター主催の『いなかとまちのくるま座ミーティング』で確信に変わりました。

くるま座ミーティングの午後に行なわれた次世代育成グループのディスカッションでも参加者の皆さんもそういう考え方の持ち主でした。

そしてディスカッションの前後に聴いたアルプス子ども会の綾崎さんのお話は、アルプス子ども会は民間企業でありながら「 今までとは違う物事のやり方や世界の見方」を子どもたちができるような環境づくりを長年されてきたこと、そしてリピート率や保護者からの反応などの実績からアルプス子ども会のやり方が間違っていないことがとてもよくわかるものでした。



To be continued.




































同じカテゴリー(アルプス子ども会の存在を知って)の記事画像
アルプス子ども会 秋の親子会 #4
アルプス子ども会 秋の親子会 #3
アルプス子ども会 秋の親子会 #2
アルプス子ども会 秋の親子会 #1
プライヴェートでは
アルプス子ども会と都市と農山村交流スローライフセンター、そして学生たち
同じカテゴリー(アルプス子ども会の存在を知って)の記事
 アルプス子ども会 秋の親子会 #4 (2015-11-26 08:18)
 アルプス子ども会 秋の親子会 #3 (2015-11-26 01:36)
 アルプス子ども会 秋の親子会 #2 (2015-11-24 12:16)
 アルプス子ども会 秋の親子会 #1 (2015-11-15 22:33)
 プライヴェートでは (2015-09-17 22:38)
 アルプス子ども会と都市と農山村交流スローライフセンター、そして学生たち (2015-07-16 23:57)

Posted by hyakuyobako