2015年07月12日 23:04

青少年ボランティア・サポーター・リーダー入門講座に参加して #1




今日は豊田市産業文化センターで開催された青少年ボランティア・サポーター・リーダー入門講座に参加しました。





春休みと夏休み。

小学生が親元を離れて農山村に泊まり、自然のなかで過ごして普段とは異なる体験をするセカンドスクールの存在はご存知でしょう。

今回の講座は、そんな小学生たちのサポーター役となることに関心を持つ高校生・高専生・大学生を対象に、長野県駒ヶ根市のアルプス子ども会より講師を招いて行われました。

http://www.oiden-sanson.com/event/shinai/entry-482.html

(写真のギターはアルプス子ども会代表の綾崎さんのもの。休憩時間に許可なく撮影してしまい、さらにこうして記事にアップ!お許しを!ピカピカギターで素敵な歌を聴かせていただきました!)

*アルプス子ども会 公式HP
http://alps-kodomokai.jp/





僕はお手伝い兼講座受講生の立場にて参加しました。

ちなみに普段は標高が高いため街より幾分か涼しい高原でグダグダ働いているせいなのか、終始汗でダクダクの情けなさ。
ずっとポロシャツを濡らしておりました!
また、はじめてお手伝いしたので勝手がわからず、それでもその場その場で最適と思われる選択をしてアクションしようと事前に決めて鼻息荒く会場入りしましたが・・・やっぱりあまりお役に立てませんでした。
でも、ま、いいか!^_^




2月のくるま座ミーティング後のように、しばらくのあいだ連載形式で今日のことを綴ります。
お時間あるとき読んでみてくださいね。

会場で中学2年生の女の子からほめられた話も書きます!

以下の写真はレジュメに僕が書き殴ったもの。






書いてから一週間以内ぐらいなら、何が書いてあるのか大体わかります!心にもメモってますからわからなくなっても平気ですが!^_^)







(*最近買ったコンバースジャックパーセルの布ヴァージョンが足にフィットせず、今日は会場に着いた頃に足の内側の皮が剥けてしまっていました。普通の長さの靴下を履けばこうはならなかったかもしれませんね・・・。
傷は1センチ×1センチの大きさで皮がペロリ。
綾崎さんから、小さくても擦り傷を舐めてはいけない、というお話がちょうどあったので、その場で持っていたバンドエイドをペタリの図!)



To be continued.











































































同じカテゴリー(アルプス子ども会の存在を知って)の記事画像
アルプス子ども会 秋の親子会 #4
アルプス子ども会 秋の親子会 #3
アルプス子ども会 秋の親子会 #2
アルプス子ども会 秋の親子会 #1
プライヴェートでは
アルプス子ども会と都市と農山村交流スローライフセンター、そして学生たち
同じカテゴリー(アルプス子ども会の存在を知って)の記事
 アルプス子ども会 秋の親子会 #4 (2015-11-26 08:18)
 アルプス子ども会 秋の親子会 #3 (2015-11-26 01:36)
 アルプス子ども会 秋の親子会 #2 (2015-11-24 12:16)
 アルプス子ども会 秋の親子会 #1 (2015-11-15 22:33)
 プライヴェートでは (2015-09-17 22:38)
 アルプス子ども会と都市と農山村交流スローライフセンター、そして学生たち (2015-07-16 23:57)

Posted by hyakuyobako