2018年03月06日 21:40

『ティール組織― マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現』



『恐れに置き換わるものは何だろう?人生の豊かさを信頼する能力だ。私たちに古くから伝わるさまざまな知恵は、生き方の本質は二通りあるという深遠な心理を前提としている。それは、「恐れと欠乏感にまみれた人生か、信頼と潤沢に満ちた人生か」というものだ。進化型(ティール)の視点を持つと、この大きな隔たりの間を横断し、人々や物事を支配したいという欲求を抑制できるようになる。』


『アインシュタインは「問題はそれが起こったときと同じ意識レベルでは解けない」という有名な言葉を残した。』



http://www.eijipress.co.jp/book/book.php?epcode=2226



(半分まで読み進めました。)


























































































































Posted by hyakuyobako