2018年04月24日 16:43

「WE LOVE とよたアワード」の表彰状をいただきました!





「WE LOVE とよたアワード」の表彰状とゴールドバッジをいただきました!





おいでん・さんそんセンターからの推薦によりゲットできましたよ!       
ありがとうございます!
(授賞式は仕事で欠席。その後僕がなかなかセンターに寄れなくて、ようやく今日、預かっていただいていた表彰状を頂戴した次第。田中さんが代読してくださいました!)







ひゃくようばこは僕一人で成り立っているわけではなく、みなさんと一緒に取り組んでいる活動です。
アワードに推薦いただき表彰状をもらえたのはみなさんのおかげです。
日頃、ひゃくようばこに心を寄せてくださるみなさんにあらためてお礼を申し上げます。






アワードについて:
『平成29年度から「WE LOVE とよた」条例が施行され、わくわくする世界一楽しいふるさとを目指し、市民の皆さんでとよたのまちを楽しもうとしています。そこで、「WE LOVE とよた」の取組をしている人々を募集・表彰する「WE LOVE とよたアワード」を開催します。』とのことです。





センターの鈴村 英衣ちゃんがアワード向けに書いてまとめてくれた、ひゃくようばこの活動案内は↓こちら。^ ^

百葉箱=百の言の葉=百の葉に耳を澄まして子どもたちの人権を守る、という想いを表しています。
人権、特に子どもの人権や権利について知ってもらう、学ぶ場として、気軽に参加できる読書会を足助やまちなかのcaféなどで定期的に開催しています。子どもの権利を守る責任のある人の力を高め、さらに子ども自身が権利を持っていることを理解し、権利を侵害された場合に主張できるように支援できるような大人となるためにみんなで学び合います。
子どもだけでなく、社会的弱者を主体としたドキュメンタリー映画の上映会をするなど、いろいろな楽しい企画を子どもたちと一緒に開催したりもしています。
活動場所 足助バンバン堂、いとカフェなどのカフェ。福祉センターなど
          

(photo:坂部友隆さん)



○「WE LOVE とよた」条例
平成29年3月22日
条例第1号
私たちのまちは、多様な魅力にあふれたまちです。
それは、豊かな自然とその恵み、栄えある歴史と受け継がれてきた伝統、多彩な文化、世界に誇るものづくりの技術や技能、盛んな芸術やスポーツ、市民の活発な活動、多くの人々を受け入れ認め合う風土、都市部と山村部の共存と交流などです。
私たちは、その魅力に改めて気付き、共に 絆きずな と信頼を深めながら、愛情と誇りを持って行動し、魅力にあふれたまちを次の世代に引き継いでいきたいと願っています。そして、人や地域が優しさでつながり、多様な楽しみを尊重し分かち合うことで、誰もが幸せを感じる「わくわくする世界一楽しいふるさと」を目指していきます。
私たちは、こうしたことを「WE LOVE とよた」の取組とし、持続可能なまちを実現するために、このまちに関わる全ての人々と共に推進していくことを決意し、この条例を制定します。
(基本理念)
第1条 私たちは、次に掲げる事項を「WE LOVE とよた」の取組の基本とし、自らの意思で行動していきます。
(1) 互いを尊重しながら、とよたの魅力を自由に楽しみます。
(2) とよたの魅力を周りの人々に伝え、共に楽しみます。
(3) 互いに協力しながら、とよたをもっと楽しくします。
(行動計画)
第2条 私たちは、「WE LOVE とよた」の取組を推進していくために、次に掲げる事項について行動計画を作ります。
(1) とよたの魅力を知り、これを暮らしに取り入れ、発信し、高めていくこと。
(2) 「WE LOVE とよた」の取組への理解と共感の輪を広げていくこと。




















































Posted by hyakuyobako