2018年06月16日 13:55

こども おひるごはん学会(仮題)を開きます!

ひゃくようばこpresents
【こどもおひるごはん学会✨(仮題)】
を企画します。






こどもたちのおひるごはん(学校給食含む)が、より良い素敵なものになるように、情報や意見を交換したり、ゲストスピーカーのお話を聴いたりしようと思います。



日時:これからきめます。

場所:これからきめます。たぶん豊田市内。

参加者:こどもたちのおひるごはんについて考えたい方ならだれでも。
行政からのゲストをお招きする予定。



○ゲストスピーカー1:学校教員を経験された方で、かつ、小学校低学年の担任を経験された方

○ゲストスピーカー2:世界のこどものおひるごはん事情を知る方

○ゲストスピーカー3:こどもの栄養指導、給食指導の専門家

○ゲストスピーカー4:学校以外でのこどものおひるごはんについて熱く?語れる方

○ゲストスピーカー5:こども代表

など。(✳︎いずれもこれから探します。)


ポスターセッション:壁新聞みたいなのを貼りたい方は遠慮なく応募してください。
お気軽にどうぞ。
「私が参加してるある集まりではお昼にこんな持ち寄りランチ会&こどもをみんなで見あう会をしてるのでその様子を紹介したい。」とか、ね。

その他:
✳︎豊田市および近隣市町村の学校給食審議会などの機関に、本会の議事録みたいなの(文書)を提出しようと思います。
✳︎豊田市教育委員会の後援をとりつける予定です。
✳︎とよたみよしホームニュースなど、親子で読める新聞みたいな媒体に本会を取り上げていただくようお願いしてみる予定です。
✳︎参考映像としてマイケル・◯ーア監督が撮影したフランスの小学校のリッチな給食風景を映すかも。

////////////////////////////////////////////////////////////////

〈ひゃくようばこ について〉

ひゃくようばこは、百の葉=百の言の葉に耳を澄まして子どもたちの人権を守る、というヴィジョンを現す名前です。

「子どもたちのしあわせ」のために「子どもたちの力」になりたい。

子どもたちの人権・権利(条約)を守るアプローチを、みんなの日常に落とし込むのがひゃくようばこの使命の一つです。

特に学びの場において子どもたちの人権が守られていないケースを危惧しており、権利に基づくアプローチ、権利基盤型アプローチ、人権アプローチなどと訳される、ライツ・ベースド・アプローチ(RBA)という手法を知り、現在学んでいます。
NGOなどで用いられる手法で、文京学院大学の甲斐田万智子教授によれば『子どもをエンパワーするだけでなく、子どもの権利を守る責任のある人の力を高め』、さらに『子ども自身が権利を持っていることを理解し、権利を侵害された場合に主張できるように支援する』ものであるとのことです。

「子どもたちが安心して学びあう」ために。
まずは大人たちが、安心して和やかに学びあう時間を持つことが大切だと思います。

大人を対象としたこどもの権利に関するお話会や読書会などを、堅苦しくないスタイルで開催しています。
あなたもひゃくようばこの催しに参加してみませんか。

ひゃくようばこ 
Director for Management  
安藤 順 (あんどう じゅん)  

////////////////////////////////////////////////////////////////

遊びも活動のうち!
ひゃくようばこ 2018年の活動予定 & 活動実績

-活動予定-

【主催】
◯ひゃくようばこお話会【9ヶ月で世界23カ国を旅したイチリナこと市川莉奈(いちなわりな)さんお話会】
6月17日(日)9:30〜 Macro Village
『 地球からのメッセージをあなたへ 〜心がゆれた9ヶ月 ・ 23カ国の旅で私が学んだこと〜 』
https://www.facebook.com/events/357344804757883/?ti=icl

◯ 夏のひゃくようばこ読書会『ほんからまなぶこどものけんり 』
7月3日(火)10:30〜いとカフェ
リーディングガイド:鈴木 佳代さん
https://www.facebook.com/events/218691772060207/?ti=icl

◯ ひゃくようばこ読書会"『子どもの声を社会へ』を読む"
https://www.facebook.com/100010223203361/posts/630385930645508/
*詳細が決まりましたらイベントページを作成します。

◯ ひゃくようばこ読書会『ほんからまなぶモラル・ハラスメント 』
*日時が決まりましたらイベントページを作成します。

◯ガクちゃん香嵐渓に現る‼️〜塚本ガクちゃん講演会(仮題)
*日時や場所が決まりましたらイベントページを作成します。

-活動実績-
News❗️
「WE LOVE とよたアワード」を受賞しました!
http://hyakuyobako.boo-log.com/e442581.html

【主催】
◯ひゃくようばこ読書会
『ほんからまなぶこどものけんり』
2月9日(金) 13:00〜14:30
場所:ろじうらのカフェバンバン堂
リーディングガイド:鈴木 佳代さん

◯ひゃくようばこ読書会"『シュタイナー 死について』を読む"
2月16日(金) 10:30〜12:00
場所:フォレスタヒルズ

◯ひゃくようばこ読書会『Our favorite books みんなで読もう わたしのお気に入りの本ベスト5』
2月21日(水)
場所:kabo.

◯ひゃくようばこ読書会『消えたい ─虐待された人の行き方から知る心の幸せ』を読む
3月8日(木)
場所:いとカフェ

◯ひゃくようばこお話会【9ヶ月で世界23カ国を旅したイチリナこと市川莉奈(いちなわりな)さんお話会 夜のプレ・お話会 "イチリナナイト"』】
5月11日(金曜日)
場所:豊田市生涯学習センター逢妻交流館
『ひゃくようばこ
https://www.facebook.com/events/208106486455680/?ti=icl

【コーディネーターとして参加】
◯いなかとまちのくるま座ミーティング 「見えてきたミライ~つないだ5年の軌跡~」分科会③「次世代育成部会」&「セカンドスクール部会」
2月4日(日)
場所:豊田商工会議所

【授業参加】
◯社会人講師として授業参加(加茂ヶ丘高校)
2月5日(月)

【聴講/ワークショップ参加など】
◯『第3回子育て耕縁会 かよさんの「もっと子どもを好きになる」』
1月10日(水)

◯ 『「心で感じるということ」~察する文化の素晴らしさ~』
講師:白神由美子さん(ピアニスト・鍼灸師・森のようちえん「てんとうむし」代表)
ミニコンサート:白神由美子さん、大沢聡さん(オカリーナ奏者)
2月10日(土)

【イベント参加・フィールドワークなど】
◯よさみプレーパーク☆新春コンサートに参加
1月8日(月)

◯森のようちえん てんとうむし
活動に参加
2018年1月18日(木)
巣立ちの会に参加
2018年3月17日(土)
入園・進級式に参加
4月15日(日)
      
◯京都市内にてフィールドワーク
1月21日(日)〜22日(月)

◯野外保育 とよた 森のたまご
・『こどもの権利を学ぶ会 "水仙"に参加
1月29日(月)・2月10日(土)
・卒園式に参加
3月14日(水)

◯kabo.
情報交換など
4月14日(土)

◯つくラッセル お披露目会に参加
4月15日(日)

【ミーティング参加】
◯ 三河中山間地域で安心して暮らし続けるための健康ネットワーク研究会 定期意見交換会
2月21日(水)

◯ Sex and Relationships Education に関するミーティング
3月28日(水)

◯ 【9ヶ月で世界23カ国を旅したイチリナこと市川莉奈(いちなわりな)さんお話会】のためのミーティング
4月2日(月)ZARAMEにて
5月5日(土)Macro villageにて
5月7日(月)時計・宝石・メガネのスズキにて
5月17日(木)Cafe太陽にて

◯ 【ガクちゃん香嵐渓に現る‼️〜塚本ガクちゃん講演会(仮題)】のためのミーティング
5月7日(月)いとカフェにて

◯おいでん・さんそんセンター次世代育成部会ミーティングに参加
5月17日(木)豊田市役所足助支所にて

◆ひゃくようばこ 2017年の活動実績はこちらから
http://hyakuyobako.boo-log.com/e432669.html

◆ひゃくようばこ 運営方針
わたしたちは、「こどもたちが安心して学びあう」ためには、まずは大人たちがこどもの権利について安心して和やかに楽しく学びあう時間を持つことが大切だと考え、大人を対象としたこどもの権利に関するお話会や読書会などを開催しています。

ゆえに、主催するわたしたち自身が、安心できて、和やかで、楽しい関係性を築きながら活動することが何よりも大切だと考えます。

わたしたちは、特に学びの場においてこどもたちの人権が守られないケースを危惧し、権利に基づくアプローチ、権利基盤型アプローチ、人権アプローチなどと訳される、ライツ・ベースド・アプローチ (Rights Based Approach) という手法を実践しています。
ライツ・ベースド・アプローチは『こどもをエンパワーするだけでなく、こどもの権利を守る責任のある人の力を高め』、さらに、『こども自身が権利を持っていることを理解して、権利を侵害された場合に主張できるように支援する』ものです。
このような繊細な活動を行うにあたっては、ひゃくようばこの活動に携わる人同士が対等な関係性を持つように常に意識し、互いの価値観を尊重し、個人の尊厳を守り、意見が異なる時であっても、緊張感せずに自由に、安心して話し合える雰囲気のもと、調整を図ることを心がけます。


































































































Posted by hyakuyobako