2018年06月29日 01:31

イチリナお話会 at The Macro Village を終えて




縁日の射的で、狙ったお菓子をうまく落とせたとしたら、それはそれで、楽しくて、嬉しい、のだけれど。





まったく見当違いに外れたり、当たっても景品が微動だにしなかったとしても、遊んだその時間が凄く楽しければ、結果オーライ、それで満足できますよね。





ひゃくようばこの催しも、最近はそんな楽な気持ちでやっています。

催し毎に関心を持った人がスタッフになり、催しが終われば、未練なくサバサバと解散するスタイル。
みんなの日常のわずかに余った時間を、少しずつ、少しずつ、持ち寄るスタイル。






誰か一人が犠牲になってがんばるなんてことは絶対にしないスタイル。





産みの苦しみが無いわけでは無いけれど、まずはスタッフが楽しめることが、大前提。






その分、やれることは小さいし、インパクトも弱いかも知れないけれど、持続力という点ではなかなか優れているのではないかな?と思っています。






僕らが楽しそうにやってる姿をみんなに晒すこと自体が、ひゃくようばこの最終目的なのかもしれませんね。






子たちにも、そんな空気を、鼻から思い〜っきり、吸い込んでもらえたらいいな、と思ってやりました。






学校や家や地域といった繋がりでやる催しとは異なる、所属や住処や年代といった枠組みを軽やかに突破した、あるテーマのみで繋がるコミニュティによる催しが醸し出す、自由な空気。





そんな空気を子たちは、きっと存分に吸い込んでくれたのでは、と思います。





「自分がやりたいと思ったことがあったら、仲間を集めてあんなことをしてもいいんだな。」

きっといつかそんな風に思い出してくれると思います。





開催前に「リナ Rina Ichikawa ちゃんのお話会を開く目的は何?」と聞かれたときの返事とは、少し違うけれど、今はそんな風に、答えたいです。





さて、射的の話から連想したもう一つの話を。

ある目的を達成するために、子のこめかみに、見えない銃をあてがい続ける大人たちがいます。

子のためだとして、銃が見えないのを良いことに、子のこめかみに銃をあてがって不安を煽り、脅し、子をコントロールしようとする大人たちがいます。

そうした大人も、かつては見えない銃をこめかみに当てられ続けた子でした。

その子は僕であり、あなたです。

だから僕らひゃくようばこは、見えない銃を子を脅すのに使うことなんてバカバカしい!って思えるような、そんな活動をしたいのです。

怖れを与えなくたって。

未来のために今を犠牲にせず、今を大切にして楽しくしていれば、未来は自然と輝くのだから。





リナちゃんは。

リナちゃんは僕らと子たちの間を繋いでくれる存在です。





大人と子の間を、メルモちゃんみたいにして行き来しながら、繋いでくれる存在です。





それだけではありません。

リナちゃんは『窓』です。

子たちが未だ見ぬ広い広い世界を、恐る恐る眺めるための、『窓』みたいな存在です。

安心して眺めることができる、『窓』みたいな存在です。





『窓』は閉じたままでも、外を見ることができます。
透明なガラスでできているからです。
でも『窓』の外の空気を存分に吸いたい、と思ったなら、『窓』を開け放ちたくなります。





そんなときに必要なのは、『鍵』。

閉じた窓を開け放つための『鍵』。





リナちゃんは『鍵』も持っていました。

ペンダントにして首から下げていたのです。





多くの子たちは迷わずリナちゃんから『鍵』をもらって、『窓』を開け放つことができますが、多くの大人たちはそうはいきません。

子から大人になって。
大人からさらに大人になって。

いつしか『窓』がある自体を、忘れてしまったからです。
(忘れなければ、やっていられなかったのです。)

何も無いまっ暗な空間にあるのは

壁。

鉄格子。

または

崖。

渦。

そんな風に見えていた場所に、実は窓があり、その窓には鍵穴があるのです。





リナちゃんは『特異点』であり、その座標は誰にも明らかにされていますが、座標を知るには、いくつかのさらなる導きが必要でした。

導きの羅針盤は、誰か一人が持っているものではありませんでした。
羅針盤は、大勢の人たちがちいさなちいさな部品を持ち寄って、ようやく形作られるものだったからです。





リナちゃんの居場所を指し示す導きの羅針盤を、僕らに手渡してくれた人たちに、深く深く、感謝します。





リナちゃんお話会はまだまだ続きます。

だって旅した23ヶ国のうち、リナちゃんが僕らに話していない国はまだ17ヶ国もあるのですから。





リナちゃんが学生でいる来年の春まで。
リナちゃんのお話会は続きます。




//////////////////////////////////////////////////////////////

◆ひゃくようばこ 運営方針
わたしたちは、「こどもたちが安心して学びあう」ためには、まずは大人たちがこどもの権利について安心して和やかに楽しく学びあう時間を持つことが大切だと考え、大人を対象としたこどもの権利に関するお話会や読書会などを開催しています。

ゆえに、主催するわたしたち自身が、安心できて、和やかで、楽しい関係性を築きながら活動することが何よりも大切だと考えます。

わたしたちは、特に学びの場においてこどもたちの人権が守られないケースを危惧し、権利に基づくアプローチ、権利基盤型アプローチ、人権アプローチなどと訳される、ライツ・ベースド・アプローチ (Rights Based Approach) という手法を実践しています。
ライツ・ベースド・アプローチは『こどもをエンパワーするだけでなく、こどもの権利を守る責任のある人の力を高め』、さらに、『こども自身が権利を持っていることを理解して、権利を侵害された場合に主張できるように支援する』ものです。
このような繊細な活動を行うにあたっては、ひゃくようばこの活動に携わる人同士が対等な関係性を持つように常に意識し、互いの価値観を尊重し、個人の尊厳を守り、意見が異なる時であっても、緊張感せずに自由に、安心して話し合える雰囲気のもと、調整を図ることを心がけます。

//////////////////////////////////////////////////////////////

遊びも活動のうち!
ひゃくようばこ 2018年の活動予定 & 活動実績

-活動予定-

【主催】

◯ 夏のひゃくようばこ読書会『ほんからまなぶこどものけんり 』
7月3日(火)10:30〜いとカフェ
リーディングガイド:鈴木 佳代さん
https://www.facebook.com/events/218691772060207/?ti=icl

◯ ひゃくようばこ読書会"『子どもの声を社会へを読む"』
*日時と場所が決まりましたらイベントページを作成します。
https://www.facebook.com/100010223203361/posts/630385930645508/

◯ ひゃくようばこ読書会『ほんからまなぶモラル・ハラスメント 』
*日時と場所が決まりましたらイベントページを作成します。

◯ひゃくようばこ presents こどもおひるごはん学会(仮題)
【第一報!】https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=628673884150046&id=100010223203361
*日時と場所が決まりましたらイベントページを作成します。

◯ガクちゃん香嵐渓に現る‼️〜塚本ガクちゃん講演会(仮題)
*日時と場所が決まりましたらイベントページを作成します。

-活動実績-
News❗️
「WE LOVE とよたアワード」を受賞しました!
http://hyakuyobako.boo-log.com/e442581.html

【主催】
◯ひゃくようばこ読書会
『ほんからまなぶこどものけんり』
2月9日(金) 13:00〜14:30
場所:ろじうらのカフェバンバン堂
リーディングガイド:鈴木 佳代さん

◯ひゃくようばこ読書会"『シュタイナー 死について』を読む"
2月16日(金) 10:30〜12:00
場所:フォレスタヒルズ

◯ひゃくようばこ読書会『Our favorite books みんなで読もう わたしのお気に入りの本ベスト5』
2月21日(水)
場所:kabo.

◯ひゃくようばこ読書会『消えたい ─虐待された人の行き方から知る心の幸せ』を読む
3月8日(木)
場所:いとカフェ

◯ひゃくようばこお話会【9ヶ月で世界23カ国を旅したイチリナこと市川莉奈(いちなわりな)さんお話会 夜のプレ・お話会 "イチリナナイト"』】
5月11日(金曜日)
場所:豊田市生涯学習センター逢妻交流館
https://www.facebook.com/events/208106486455680/?ti=icl

◯ひゃくようばこお話会【イチリナお話会 at The Macro Village 】
6月17日(日曜日)
場所:Macro Village
https://www.facebook.com/events/357344804757883/?ti=icl

【コーディネーターとして参加】
◯いなかとまちのくるま座ミーティング 「見えてきたミライ~つないだ5年の軌跡~」分科会③「次世代育成部会」&「セカンドスクール部会」
2月4日(日)
場所:豊田商工会議所

【授業参加】
◯社会人講師として授業参加(加茂ヶ丘高校)
2月5日(月)

【聴講/ワークショップ参加など】
◯『第3回子育て耕縁会 かよさんの「もっと子どもを好きになる」』
1月10日(水)

◯ 『「心で感じるということ」~察する文化の素晴らしさ~』
講師:白神由美子さん(ピアニスト・鍼灸師・森のようちえん「てんとうむし」代表)
ミニコンサート:白神由美子さん、大沢聡さん(オカリーナ奏者)
2月10日(土)

【イベント参加・フィールドワークなど】
◯よさみプレーパーク☆新春コンサートに参加
1月8日(月)

◯森のようちえん てんとうむし
活動に参加
2018年1月18日(木)
巣立ちの会に参加
2018年3月17日(土)
入園・進級式に参加
4月15日(日)
      
◯京都市内にてフィールドワーク
1月21日(日)〜22日(月)

◯野外保育 とよた 森のたまご
・『こどもの権利を学ぶ会 "水仙"に参加
1月29日(月)・2月10日(土)
・卒園式に参加
3月14日(水)

◯kabo.
情報交換など
4月14日(土)

◯つくラッセル お披露目会に参加
4月15日(日)

【ミーティング参加】
◯ 三河中山間地域で安心して暮らし続けるための健康ネットワーク研究会 定期意見交換会
2月21日(水)

◯ Sex and Relationships Education に関するミーティング
3月28日(水)

◯ 【9ヶ月で世界23カ国を旅したイチリナこと市川莉奈(いちなわりな)さんお話会】のためのミーティング
4月2日(月)ZARAMEにて
5月5日(土)Macro villageにて
5月7日(月)時計・宝石・メガネのスズキにて
5月17日(木)Cafe太陽にて
6月14日(木)帆木珈琲テラスにて

◯ 【ガクちゃん香嵐渓に現る‼️〜塚本ガクちゃん講演会(仮題)】のためのミーティング
5月7日(月)いとカフェにて

◯おいでん・さんそんセンター次世代育成部会ミーティングに参加
5月17日(木)
6月22日(金)
豊田市役所足助支所にて

◆ひゃくようばこ 2017年の活動実績はこちらから
http://hyakuyobako.boo-log.com/e432669.html

◆ひゃくようばこ 運営方針
わたしたちは、「こどもたちが安心して学びあう」ためには、まずは大人たちがこどもの権利について安心して和やかに楽しく学びあう時間を持つことが大切だと考え、大人を対象としたこどもの権利に関するお話会や読書会などを開催しています。

ゆえに、主催するわたしたち自身が、安心できて、和やかで、楽しい関係性を築きながら活動することが何よりも大切だと考えます。

わたしたちは、特に学びの場においてこどもたちの人権が守られないケースを危惧し、権利に基づくアプローチ、権利基盤型アプローチ、人権アプローチなどと訳される、ライツ・ベースド・アプローチ (Rights Based Approach) という手法を実践しています。
ライツ・ベースド・アプローチは『こどもをエンパワーするだけでなく、こどもの権利を守る責任のある人の力を高め』、さらに、『こども自身が権利を持っていることを理解して、権利を侵害された場合に主張できるように支援する』ものです。
このような繊細な活動を行うにあたっては、ひゃくようばこの活動に携わる人同士が対等な関係性を持つように常に意識し、互いの価値観を尊重し、個人の尊厳を守り、意見が異なる時であっても、緊張感せずに自由に、安心して話し合える雰囲気のもと、調整を図ることを心がけます。

Copyright(C)2018 百葉箱 "ひゃくようばこ" All Rights Reserved.








































































































Posted by hyakuyobako